インプラント

小児矯正

成人矯正

舌側矯正

審美歯科

歯周病治療

顎関節症の治療

医院案内

医療安全への取り組み

〒236-0031
横浜市金沢区六浦5-1-16
電話:045-785-3355

深川歯科
舌側矯正
舌側矯正とは

従来の矯正では、歯の表面にブラケットやワイヤーを設置して治療していました。しかし舌側矯正は、歯の裏側から矯正を行う方法です。 治療中に口元を見られるのを嫌がっていた人も、舌側矯正により違和感なく矯正に 前向きに取り組めるようになりました。

舌側矯正の長所と短所

<長所>
  • 表に装置をつける矯正と異なり、歯の裏側にブラケット(金具)を設置するので、
    外観を損なわない。
  • 見た目を気にしなくて済むので、患者の心理的ストレスが少ない。
  • 表面に装置が出ないので、小児のころに矯正治療を受けられなかった成人も、
    矯正治療を受けやすくなる。
  • 仕事の都合でブラケットを表面に付けることができない人も矯正が可能である。
  • 唇側装置と併用することで、より理想的に歯の移動が実現できる。
  • 矯正の後戻りなどによる再治療が必要なときに、患者は受け入れやすい。
  • スポーツ時に装置で唇など傷つける危険性が少ない。
  • 管楽器を演奏する際に装置が邪魔にならない。

<短所>
  • 装置装着初期に、舌がブラケットにぶつかってうまく発音できない。
     (舌側装置を取り付けた患者さんの9割以上が、
       装着後約1か月で ふつうに発音できるようになる。)
  • 歯の裏側には装置が付くので、歯を磨きにくくなる。
      (ブラッシングの指導が必要)
  • 治療期間が少し長くなる。
  • 高度な技術が要求されるので、矯正費用が唇側矯正より高い。