インプラント

小児矯正

成人矯正

舌側矯正

審美歯科

歯周病治療

顎関節症の治療

医院案内

医療安全への取り組み

〒236-0031
横浜市金沢区六浦5-1-16
電話:045-785-3355

深川歯科

早期治療は効果的

乳歯の歯並びは、隙間があるのが正常です。
永久歯が 生え揃う前に顎の骨や歯、
筋肉の異常を治しましょう。

乳歯の歯並びは、隙間があるのが正常です。
永久歯が生え揃う前に顎の骨や歯、筋肉の異常を治しましょう。

乳歯(子供の歯)より永久歯の方が大きいので、子供の歯並びの時期に歯と歯の間に隙間がないと歯は正しく並びません。

歯と顎の大きさのバランスがとれていなければ、顎を拡大することで永久歯をきれいに並べることが可能になります。

歯の大きさと顎の大きさの調和がとれていない場合は、小学校2〜3年生の時に治療するのが望ましいでしょう。

狭い顎を拡大します

子供の歯並びの異常が大人になって正しい歯並びになったり、咬み合わせのずれが自然に治ることは稀です。

乳歯のある時期は、歯並びが平坦で上下の歯の干渉を受けることがなく、下顎の前後的移動が容易で移動後も安定します。

また、この時期は骨の成長量が多く残されており、成長に伴い前方へ移動する下顎骨の成長発育を利用でき矯正効果は高くなります。骨へ整形力を加えれば骨を望ましい形に変化させることができます。

しかし、成人は成長を利用できないので矯正は歯の移動のみで治療せざるを得ず、矯正効果は低く抜歯を余儀なくされます。歯の生え変わる時期に、成長発育を利用して矯正治療を行えば、永久歯を抜歯することなく顎を側方、前方、後方に拡大移動させ、乳歯より幅の大きい永久歯の生えるスペースをつくり正常な歯並びを完成することが可能となります。5、6歳の成長発育の盛んな時期に適切な処置を施し、不正を早めに改善することで歯を抜かずに健全な歯並びにすることが出きます。

仮性の受け口は真性の 受け口にならないように、早く正常に戻しておく必要があります
矯正を開始してわずか2ヶ月で受け口は治りました